トップページへ

商品案内

TH構法

高気密・高断熱について

高耐震・高耐久について

24時間計画換気システムについて

通気工法について

省エネルギーについて


BSーSERIES

ユニキューブ
−unicube−

  
 TH構法 ―高気密・高断熱について
 
冬を暖かく、夏を涼しく過ごせる家。そんな住いの快適さの目安を示しているのが、建設省・通産省が制定した「新省エネルギー基準」のQ値です。このQ値でその建物がどれほどの快適性を持っているかを知ることができます。
わかりやすくいうとQ値は、冷暖房によって一度冷やしたり暖めたりした空気をどれだけ逃がさないかを示す割合のことです。このQ値を決定する大きな要因となるのが、壁・床・天井・窓などを貫いて伝わる熱(K値)と住まいのすき間の割合(C値)。つまり気持ちのいい住まいの目安であるQ値をよりよいものとするためには壁・床・天井・窓・(K値)への対策と住まいのすき間の割合(C値)の少ない高気密の家にすることが大切なのです。
   
 TH構法 ―高耐震・高耐久について
   

耐震性・耐久性に優れた鉄筋コンクリート布基礎を使用。
堅牢な鉄筋コンクリート布基礎に構造用金物を取りつけ、高い耐震性を実現。
さらに防湿シートを敷き、土台を腐らせる原因となる地面からの湿気を防いでいます。
高性能イングポップシステムは在来軸組+パネル工法を組み込んだ構造。地震による負荷を住まい全体で分散して受けとめて、2×4住宅と同等以上の耐震性能を実現しています。偏心率の小さいバランスの良い設計で、地震や台風などの外力に対抗する強さを示します。

ページトップへ

   
 TH構法 24時間計画換気システムについて
   

24時間きれいな空気に包まれる。暮らしの理想を身近にしました。適さの追求、健康への配慮は住まいづくりの大切なポイントのひとつです。IPS工法住宅では、全館24時間換気システムと冷暖房効率の良さで、ひとクラス上の住みごごちを提案しています。
画像zu.jpg汚れた空気は外へ排出。健康的な環境を維持できます。全館24時間換気システムの働きで常に換気しているので、新しい家具やカーテンなどから放出されるホルムアルデヒドなどの空気の汚れも除々に外に排出します。汚れた空気・生活臭・湿気は排気口から排出。外からの空気は、各部屋の給気口を経て、フィルターでほこりや砂塵を少なくした後とり入れます。また、必要な量だけ換気するので、熱の出入りも最小限に抑えられます。

ページトップへ

   
 TH構法 ―通気工法について
   

木材の持ついくつかの優れた機能のうち、調湿機能と蓄熱機能は人の健康維持に大きな役割を果たしており、40坪の木造住宅は400リットル(ドラム缶2本分)位の水分を季節に応じて吸放出しています。最近、高気密・高断熱住宅は、防湿フィルムで構造体を包んでしまう工法が多いため、木材が本来持っている調湿機能が働かなくなる恐れがあり、また蓄熱機能も十分に機能しない心配があります。基礎パッキンを使って全面床換気と、外壁・屋根に空気を通す通気工法で外気温を調整し、湿気・結露防止と共に、住まいの耐久性も向上します。

ページトップへ

 

   
 TH構法 ―省エネルギーについて -パネル工法の採用-
   

■パネル工法とは
保温性が高いので省エネルギーで冷暖房が出来ます。IPS工法の住宅は冷暖房を停止しても温度の変化はゆるやか。冷暖房を再開して、快適な室温にするまでのエネルギーも節約。
耐震・耐久性・高断熱・健康・省エネ面において特に優れ、合理的です。

ページトップへ

●ハイクオリティ、生産性もハイレベルにクリア。
パネルは、生活環境への影響を考慮し、吟味した素材を使用。開発から生産、供給まで最新鋭設備により、高い生産性を実現しています。

●ハイコストパフォーマンスを実現。
部材の規格化、パネルの部品化、ユニット化、地域密着型の供給体制により生産コスト・物流コスト・マーケティングコストを低く押さえました。

●ジャストインタイムで大きな安心。
コンピューターシステムにより、積算・パネル配置・加工指示・加工・組立・配送の迅速化を計り、お客様の納期に合わせたデリバリーをお約束します。

●高度な技術力で施工の省力化・合理化を支援。
熟練した技術を持つ技術者集団が、その優れた技術力お豊富な経験をもとにさまざまなご提案を行い、建築現場の合理化のお手伝いをさせていただきます。


Copyright tanikawa